資産のバランス

蔵書が無限に増え続けるぜろゆです、こんにちは。

今日は時間があるので読み終えた本の話をします!

今回の本はこちら

寿命が伸びることがほぼ確実なときに何をするかって話の本です。人生のあり方が大きく変わるから今から備えておかないと…というのが主題。途中で出てきた人生のプラン案がすごくリアルで怖いわ~…ってなった。これを読んで怖くなったからお金の勉強しよ!と思ったのもある。単純だからねー。

自分が何歳まで生きるのかはよくわからないけれど、無形資産と有形資産のバランスを取る話は今から活用できそう。自分が今何が足りてて何が足りていないのかはちゃんと自覚しておかないと、あとから調整しようとしてもうまくいかない。今は無形資産(活力資産)を増やすために趣味にお金使うんだ~、みたいな考え方もできなくはないのだけれど、でもやっぱり自分が何をどのくらい持っているのかはちゃんと把握しておきたい。実を言うと私は自分の貯蓄額を知らない。毎月給与の半分くらいを親に渡して、カード払いのお金とか生活費とか貯蓄とか、適当に振り分けてもらっている。だから詳細を知らない。これ言うと結構びっくりされるんだけれど、自分が持っててもまともに管理できる自信がないんだ…。でもさすがに26にもなってこれはダメかなー…と反省した。

で、家計簿つけてみようとマネーフォワード始めてみたけど1ヶ月くらいで挫折した。口座連携が難しすぎる。連携しないと実際いくら持っててどのくらい使ったかわからないのだけれど、そのための書類とかはんことかがわからなさすぎて放置してたら日々の記録も面倒になってしまった…。あと、舞台行くと物販とかで余裕で1万越したりするしそもそもチケット代がそれなりに高い(平均8500円くらい。1万超えることもある。)から、それを記録すると残高がめっちゃ減ってウワーーーーーーーってなって混乱する。見ないふり見ないふり…よくないのはわかってるんだけどね?! でもなんだかんだ大まかに把握しておけば帳尻が合ってしまうので、今じゃなくていいかぁ…ってなってしまう。現状維持バイアスってやつだ!

無形資産は測ることが難しいから、お金以上にどのくらい持っているのかわからない。社会人になってから、という条件で考えると今が一番充実しているような気もする。推しがいることは精神状態にプラスに働く。よい。体力とかそういう面を考えるともうちょっと鍛えたほうがいいかなとは思う。ボルダリングやってみたいけど何から始めたらいいかわかんないんだよな。ジムもしばらく行ってない…行かなきゃ…。

て感じで、読みながら自分の身の回りを見直すきっかけになりました。ありがとうございます。

さて勉強するぞーーーーーー!!受かる!受かってやる!おれはつよい!!!