2018/04/15 までの記録

4月折返しですよ!早い!

仕事上の気づき

仕事上の必要に迫られたので、1週間でシンプルなアプリケーションを作りました。初めてバックエンドとフロントエンドを分けました。

  • フロントエンド : React-Redux
  • バックエンド : Spring(Spring Boot)

分けて作ると本格的アプリケーションっぽくてわくわくします。

で、初の試みなのでいろいろと見たことない例外がたくさん出ました。一番悩んだのがこれです。

qiita.com

エラー自体はそんなに難しいものではないらしく、エラーメッセージで調べるといろいろなページが出ます。でも、それが最新のやり方なのかがわからなくて迷いました。

こういった時に、どのページの情報を参考するかという基準の気づきを得ました。

  • 公式ページへのリンクがあるものを優先する

同じSpringでも、バージョンによって対処方法は変わります。だから、技術的に迷った場合は公式のドキュメントを参照することがいいのはわかります。ただ、英語だと探すのも読むのも時間がかかる…ということで、日本語である程度のアタリを付けるために「公式ドキュメントが根拠としてリンクされている」ところを探すことにしました。なかなかよさそうです。

spring.io

仕事の終わり

先週の記事で「仕事は終わらせて初めて仕事になる」みたいな話をしました。

teafortw0.hatenablog.com

5日間かけてアプリを作ってみて、この「終わり」って、基本的には自分で決めるものなんだなぁと腹落ちしました。ようやくかよ!!!!というツッコミはお断りします。

最初の職場では、実装完了は別の人たちの承認が必要なフローだったから、余計にそう思うのかもしれません。でも自分でアプリケーションを作ってみると、「終わり」を自分で決めないといけないんですね。いくらでも作り込めるけど、どこかで「これで終わり」って宣言しなきゃいけない。これが難しいなぁ…って思いながら作ってました。

本の要約

先週の記事で宣言した「仕事」も終わらせていきましょう!

誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論

誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論

これは誰のための本か?

タイトルに「デザイン」が入っている通り、デザインに携わる人は読んで損のない内容です。デザイナーだけでなく、人間の行動について興味がある人に向けても書かれています。なぜなら、人間がある「モノ」を前にして、その扱い方を知る時の心の動きや、ミスの原因にも言及しているからです。

なぜ原因を究明するのか

問題が起きると、大抵原因究明が行われます。それが何のために行われるかというと、仕組みを改善して再発を防ぐためです。だから、原因究明の過程で「XXさんがミスったから」で終わっちゃいけないのです。XXさんがミスったことも原因の1つだけど、それがわかったところで仕組みは改善できないからです。

この話が一番ためになりました。何かに取り組む時は、なぜ取り組むのかを意識しないとすぐ横道にそれてしまいます。これからも気をつけたいですね。

今週の目標

ベタープログラマ ―優れたプログラマになるための38の考え方とテクニック

ベタープログラマ ―優れたプログラマになるための38の考え方とテクニック

今度はこの本です。判が大きくて持ち歩くのは難しいので、家で読むつもりです。今週は第1部をまとめていきます。

ではー!!!