2018/04/07 までの記録

風邪はだいたい治りました(報告)

今週やったこと

月曜は新年度早々風邪でダウンしてたので火曜日から今日までの5日間。今振り返っても何もしてない気がする…そんなはずはないんだが…。

Twitterだと、ラムダ式について思いを馳せていたっぽい。

自分が思うより自分は頭がよくないようだ

って最近気がついたんだけど、これ認めるの嫌だな~~~~! 元から、「頭がよいほうだ」と思ってたし、周りからもそんな感じの評価を受けることが多いし、学歴とかそういう枠で括ってもそこそこ上にいる…はず。

でも最近、いろいろなことができてないままここに来てしまった気がして、どうしたらいいのかなぁ、と悩んでいる。というか年明けからずっと悩んでるし進歩してないな!!!!! そういうところも含めてほんとに自分のできなさが目について嫌になる。

期の変わり目だから、今週は職場で去年の下半期の自己評価をした。そしたら、上半期(正確には入社してから3ヶ月くらい)に比べてあまりにも進歩がなさすぎて落ち込んだ。なんなら前のほうができてたこともある…つらい…。

たとえばこちら。

人はつい、仕事をすることを「その仕事の行為をすること」だと考えてしまう。だから、長く時間をかけて仕事をする。しかし、それはただ仕事をしている途中の状態に過ぎない。本当に仕事をするというのは「仕事を終えること」だ。仕事は終わらせるまで意味はないのだ。 kuranuki.sonicgarden.jp

社会人生活が5年目に突入したところだけど、いまだにタスクばらしできません!!!!!というかタスクの終了条件を自分で決められあい。人から決めてもらった締切ギリギリまでなんとなく作業して、締切が来たからここでおわり、という形式の仕事しかできない。時間で区切ろうにも、どれがどのくらいかかるのか見当もつかない→やってみればわかるかな→いつのまにか締切…のパターンがほとんどだ…。だから、上の記事によると、私は仕事してる範囲に含まれないらしい。へこむ。

仕事の終了条件ってどうやって決めるんだろう…?

仕事ができるようになりたい

年明けから目標がないだのなんだのとうだうだ言ってきたけれど、悩んでるだけではどうしようもないことにようやく気がついた。ここに至るまでが長いのも頭の悪さを露呈してるよなぁ。まぁそれはおいておくとして…。

ということで、せめて「仕事」ができるようになりたいと思った。曲がりなりにも社会人で、仕事をしてお給料をもらってる身だから、まずは一人分の仕事ができるようになりたい。で、上の定義によると仕事というのは「終わらせること」が必要らしい。だから、自分なりに「終わらせること」を意識付けることにした。

たとえば、少し前に決めた目標は、終了期限が明示されていなかった。目標の観点は「習慣化すること」だから、その時の目標は合ってたと思う。けど、今必要なことは多分「続ける」より「終わりを見つける」ことだと気づいた。ので目標を修正する。

ひとまず、まだこの本を読み切ってないので、次回記事までに読み切って要約を書くことを目標とする。次回をお楽しみに!

誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論

誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論

メモ