2018/03/11 までの記録

月日の流れは速いですね...。

今週の報告

1月末に受験したFP3級に合格しました。ファイナンスを雑にプランニングできるようになりました。

今週したこと

今週は「何もしない」をしました。仕事以外では技術的な勉強はしないことに挑戦しました。結果は何も起こらなかったです。何もしていないから当たり前ですね。

習熟に必要なこと

2月の末に、会社の研修でReact/Reduxを学びました。フロントエンドはあまり経験がないので少しでも経験値を増やさなければなりません。にしてもやはりIDEによる介護に慣れた身としては「そこ実行前にエラーにしておいてよ!!!!!」ていうことばかりです。あと、ちょっとでも複雑なことを始めようとするとハマりやすいし、実行にあたっての環境整備を自力でしなきゃいけないしで、やっぱり難しいです。確かにUIがさくさく作れるのはありがたいのだけれど、そこからなかなか進めない感じがします。

で、受講後に復習もかねていろいろとアプリケーションを作っていたところ、React/ReduxそしてMaterial-UIのつなぎ方で苦戦しました。ただのinputタグとMaterial-UIのTextFieldでは入力値のとり方が違うってどういうことなん...。ということでかなり戦いました。完全マスターへの路は遠いです。でも、自分なりに試行錯誤した結果 、研修では気づかなかった点も習得できました。

ここから考えると、何かを身に着けたいと思ったときには、学ぶ時間と共に、ああでもないこうでもないと試行錯誤する時間も長めに取った方がいいんだろうなぁということです。これは実際に手を動かす時間もそうですし、頭のなかで「もしかしたらこうかもしれない...いや違うかも...」と概念をこねくり回すことも含まれます。この作業のためにはある程度頭の容量が必要なので、優先順位を高いままにするためにKotlinなどの勉強をおやすみしてました。これによって、朝来る度にKotlinからReactに切り替える必要がなくなったので少しは効果があったように思います。一方で、ただでさえ少ない時間を無駄にしてしまった後味の悪さもあります。いい感じに両立できればいいのですが...。

ホームランはどこにある?

この後味の悪さの原因は、自分がどこへ向かっているかを自覚できていないところにあるのではないかと考えています。

note.mu

この記事の「01 イメージする」の段階でうまく想像できていないから、自分が決めた優先順位に自信が持てないというか...。同じ話題がぐるぐる巡っています。みんなこの「ホームラン」ってきちんと決められるものなのかなぁ?

こっちの方が近いなと思う。けれどこれでうだうだしてたら時間だけを無駄にしてしまうから、とりあえず動かざるを得ない、みたいな...。これが10代とか20代の頭くらいなら、汎用性のある知識を身に付ける道もあるけれど、この年になってまでそれを続けてもいいのだろうか...と悩んでばかりです。むつかしい。

自分自身の「成功した」イメージって何なんだろう?

ではー!!!