無駄かもしれない足掻き

github : https://github.com/zer0-u

ニートをやめてカサレアルに入社しました

タイトルで用件は終わりなんだけど、それだとあっけなさすぎるのでもう少し詳しく書く。

5月17日にニートを卒業し、18日から株式会社カサレアルに入社しました。多田さんの紹介です。 ありがとうございます。主に教材開発を中心に担当することになりそうです。

twitter.com

やってることがおもしろそうだったからというのと、ニートをやるにも結構体力が必要なんだなーと思ったのと、推している俳優さんを応援するのにマネーというパワーが不足してきたのとで入社しました。

大学時代は文章を書いたり紙面を作ったりといった活動に全力を注いでいたところから、何を勘違いしたのか心機一転エンジニアになり、一周回って元の位置に帰ってきたような気がします。何か作りたいと思ったから、というよりはただ単純に学ぶことが好きで、学ぶことが尽きなさそうな場所にたどり着きました。

まぁでも結構悩みました。確かに自分の出は文系だし、√が出てくるだけでびびるくらいには数学が苦手(嫌いではない)だし、みっちりコンピューターサイエンスを学んできた人にかないっこないことはさすがにわかります。でも、もう少し頑張ればまだ伸びるんじゃないか、エンジニアとしてなんかすごいことができるんじゃないか。確かに教材開発はおもしろそうだし自分にも向いていると思うんだけど、それだけでエンジニアとしてのキャリアを途切れさせることができるか。時間もたっぷりあったのでひたすら悩みました。

で、結局入社を決めたのは、まぁ一つには考えすぎて疲れたというのもあります。時間があるととことん考えられる分体力がものすごく持っていかれますね。しんどい! それと、ニート中にてにみゅさーちを作ってみて、自分にはこのくらいちまちまと俺得なものをゆっくり作っていた方がいいのかもなぁと思ったのもあります。自分で作って自分でめっちゃ利用してます。だいぶテニミュ俳優の名前がわかるようになり、次の舞台にどのくらいテニミュ出身がいるかもなんとなく把握できるようになりました。しかしまだテニミュを見たことはない。見たことないのにどんどん詳しくなっていく。

でも多分一番大きかったのは、自分の信念に最も近いことをしてたからかもなぁ…とぼんやり思います。信念というか、確信というか、予感というか。私は学ぶことが好きです。なんでかというと、学ぶことで今まで知らなかった世界が少しでも垣間見えて、それによって今まで考えてきたことが覆されたり、苦手だったものが好きになったりして、生きていることが豊かになる気がするからです。思い込みかもしれませんが。少なくとも私は学ぶということをそういうものだととらえています。己の人生をもう少し豊かにするために新しいことを学ぶわけです。技術を学ぶのは現場のクソさを呪うためではなく、自分が使うものを見極め、少しでも改善していくためです。でもそれって多分自分一人ではなかなかできないことじゃないかな、と(主に1社目での)経験を振り返って思いました。チームで開発している以上チーム全体で学ばなければ改善できることにはたかが知れているというか。そう思うと、私がすべきことは自分一人の知識を向上させるのではなく、また違う道を選ぶことなんじゃないかなぁ…とぼんやり考えた次第です。

まぁ、エンジニアとしても物書きとしても未熟もいいところなので、どれだけ進めるかわかりませんが。ここで背を押したのが、ニート中に見に行った劇で、すごく印象に残ってる台詞です。「紛い物だろうがなんだろうが、貫きゃ誠になるはずだ」というものです。作品特定したら黙っててください。ちなみに推しさんも出ていましたがこの台詞を言ったのは別の方です。努力する前からできないかもしれない、うまくいかないかも…と不安がるのも疲れたので、行けるところまで貫いてみせようと思います。

明日も早いのでこのへんにしておこうかな。通販をあまりしないのでほしいものリストがなかなか充実してませんので公開はしません。ノートPCでBlu-rayが見られる何かがほしいです。あとスマホ。あとは舞台関連のDVDがたくさん。そんな感じなので肉を奢ってください(挨拶)。

以上!

2017/05/21追記 干し芋のリストを整備しました。よければ何か恵んでください。

整備してて思ったけど、自分がほしいものって意外と出てこないというか、こういうリストにしてもわからないですね。明確に「これがほしい!」というものは大体自分で買いますし、わからないものはここのリストに入れようがありませんし。