無駄かもしれない足掻き

github : https://github.com/zer0-u

環境を整える話

ニートライフもそろそろ1か月を迎えることになりましたぜろゆです。わりとお金がない気がしてきました。失業保険の説明会に行くと「お前らは立派な労働者たちが納めた税金で養ってもらってるんだからさっさと再就職しろよ」ということを八つ橋にくるんで教えてもらえます。結構大ダメージです。でもまぁいい経験です。そう思うことにします。

前回記事への反響ありがとうございます。いろいろメリットデメリットありそうなので少しずつ検討しているところです。やはり現行の seed.rb ごり押しは間違っていた(結論)

今日は技術的な話というよりはなんとなく考えたことをつらつらと書いていく記事です。

ニートとはいえ、やってみたいこととか、やらなければならないことは結構ある。やらなければならないことはもちろん再就職に向けてのあれこれだ。やってないと失業保険もらえないし。応募したり面接受けたり、定期券がなくて往復1000円くらいかかるのが地味につらい。やりたいことも結構ある。てにみゅさーちの件もそうだし、これを機に、以前さっと目を通して積んでおいた重めの本をじっくり読んでみようかなと思っている。大判だと移動中に読むこともできなくて結局積んだままになりがちだから、こういう時間を取れるときに読み返しておきたい。今は達人プログラマーを読み直している。

達人プログラマー―システム開発の職人から名匠への道

達人プログラマー―システム開発の職人から名匠への道

  • 作者: アンドリューハント,デビッドトーマス,Andrew Hunt,David Thomas,村上雅章
  • 出版社/メーカー: ピアソンエデュケーション
  • 発売日: 2000/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 42人 クリック: 1,099回
  • この商品を含むブログ (349件) を見る

そうなんだけど、これが難しい。

つい、時間があるからといってだらだらと動画を見てしまったり、とうらぶやったり、なんとなくTwitterのタイムラインを眺めていたり、気になったブログ記事を読んでみたりしてしまう。これはダメだと集中しなおしても、やりかけの作業が気になってしまったり、逆にやらなければならないことがめんどくさかったりするとうげぇとなって後回しにしてしまったり。で、23時ころに今日は何もできてない気がするなーと落ち込むのだ。よくないことはわかっているんだけれど朝起きると同じことを繰り返してしまう。うげぇ、である。4月頭のころは何がなんだかわからないうちに1日が終わってしまうことが結構あったので、それに比べれば現状が認識できているだけマシかもしれないけれど、よくないものはよくない。

だから改善しようと頑張っている。

とりあえず、土曜日は思い切って何もしない日にしてみた。今のところただひたすらだらだらと動画を眺め続ける日になっている。前回の土曜日は1日かけて薄桜鬼のTVアニメ(無印・碧血録)と劇場版2作を見た。結構おなかいっぱいになる。これで少しは改善したけれど、まだ足りない。何が足りないんだろう…。

と思った時に、多分PCの画面や身の回りがとっちらかってるのがよくないのかなと気づいた。開いたままのタブがあれば気になってしまうし、そこから読み始めればまぁそれなりに時間を食う。机の上にやりかけのものがあれば「そういえばこれどうしたかな」と気になってしまう。そうやって気になったものを散らかしてしまうから余計に悪循環になる…ということに気づいた。多分世の中の9割の人間は知ってると思う。私も頭では知ってた。けれど、頭ではわかってるのと、自分で気づいて納得がいったのとでは全然違う。

納得がいった状態だから、どう片づければいいかも自然とわかるようになった。とはいえまだ散らかってるところも多い。

今のところ自分で決めているルールは「できるだけ頭の中に持っている情報を減らす」、これ1つだ。いくつかルールを持つとこれがまた「頭の中に残っていること」になって、何か別のことをやっている最中も気になってしまうから、多分増えることは(少なくとも今のところは)ないと思う。目に入る=頭に入って考え始めてしまうから、身の回りは片づける。やりかけの作業とか、やらなければならないことはできるだけすぐ完遂させる。もし何か事情があって*1完遂できない事情があるときはメモに残しておく。ブラウザのタブも最小限にして、フィードとかタイムラインとか、無限に眺めていられるものは見る時間を決めておく。もしくはアプリで見る*2

こうして記事に残しているのも「こういうことに気づいた」という記録を残しておくことで頭のなかから片づける効果を期待してのことだ。ほっといても考えてしまうことはしょうがないが、無策のまま考えたいことに意識を持っていかれることは避けるようにしようと頑張っている。

書き出してみるとごく当たり前のことばかりで、意外と自分が阿呆だったんだなーと今月何回目かの落胆を覚える。まぁできないものはしょうがない、できるようになればいいだけだ。昔からなんとなくやっていれば大抵のことがそこそこの質でできてしまっていたから、こういうどうしようもない状況になるまで大事なことに気づけなかったんだろうなーと他人事のように思う。

まだ机の上が汚いから、明日の午前中にかけて片付けを優先しようかな。「片付け」という考えが頭の中に残ったままだし。

そんな感じです。

*1:朝、母親から「夕飯作っといて」と言われることが多いがこれは朝取り組むわけにはいかない。そんな感じのこと

*2:スマホ画面は小さいので長時間眺めるほどの気力が続かないのを逆手に取る