読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄かもしれない足掻き

github : https://github.com/zer0-u

4月からニートになります

言いたいことはタイトルに凝縮されたので本文はそこに至るまでのなんかいろいろを書いていく。

概要

  • 2016年7月に入社したSansanを退職した(3月23日最終出社・31日退職)。
  • 4月からの予定は未定
  • 求職するけれど少なくとも4月は休みたい

詳細

詳細というか、思ったことをつらつらと書いていく。とても長い上に要領を得ないので別に読む必要はない。推敲してないし読み返すつもりもない。

Sansanがダメだったとかそういうわけではなく、今回はタイミングと相性が最悪だったんじゃないかと思う。少なくとも労働環境ではとてもいいところだった。1社目が最悪だったからかもしれないが。 タイミングの面では、労働環境が改善された結果、1社目で積もり積もった疲労が一気に噴出した感じがする。集中できる時間が格段に短くなったり、眠りが浅くなったり、そんな感じがする。文章をまともに書くのも一苦労というか、時折自分が何をしていたか把握しきれないことがあったりする。1社目の時も似たような状況に陥ったりもしたが、その時はスイッチを落とすことがなかった(落とす暇がなかった)ので緊張感でどうにか気をつなぐことができていたと思う。それが、常識的な時刻に帰って家で仕事と関係ないことができるようになると、頭の中がオフモードになる。そこからオンにするのに時間がかかるような、そんな感じだ。オンになったとしてもふとした時にばちん!とオフになってしまい、そこから取り戻す方法がつかめないというか…。

相性というか、上記以外の問題だと、私の長所でもあり短所でもあるところが思い切り裏目に出た。自分の特性として「どこにいたとしてもある程度馴染んでしまう」というのがある。多少気になることがあっても、まぁいっかで済ませて自分のあり方を適用させていくのが普通だと思っている。これが裏目に出ると「向上心がない」「自分の意志がない」ということになる(これは遠まわしに言われた)。確かに向上心というものを持ったことがないなぁと思う。好奇心はある。なんか気になるから調べたり試したりした結果として何らかの技術や知識が身についていることはあれど、何かを習熟したいと思ったことがない。それに、他の人が考えてることややりたいことがあるならそっちを優先しても構わない。協力するうちに何かおもしろいことがあるかもしれないし、それはそれで新しく調べたり試したりすればいいわけだし。周りにはおもしろいことがあふれているのだから、そちらを取り込むことで忙しくて、自分がどう思うとかそんなことを外に出すのが面倒だと思っている。自分がこう思うとか主張して、相手の主張とぶつかって、折衝して、なんてことをしている暇があるならさっさとこっちが折れて相手の領域でおもしろそうなことを探した方が互いにとってプラスだと思っている。*1

あと転職活動をしているうちに気づいたことではあるが、上記のような性質なので「自分がやりたいこと」というものが出てこない。知りたいことや見たいもの、聞きたいことならいくらでも出てくる。でもそれは「おなかがすいたからごはんを食べたい」と同レベルの欲求であり、仕事とはあんまり関係がないし関係づけることも難しいかなぁと思う。自分がした行いが、誰かに影響するということがいまいち想像できない。役立ちたいとか、社会貢献とか、やりたいこととか言われても何も出てこない。自分が主体となって何かをしているところが想像できない。世の中とか世界というのは自分の外側にあって、少しだけ覗き見て、その仕組みを推測したり読み解いたりする。私にとって世界はそういう存在だ。それが、自分の行動で何かを変えるとか、そんなことができるとは思えない。変えたいとも思わない。あるがままを受け取ればいいし、受け取れないのであれば、静かに離れて、違う世界を探せばいいと思う。

でも他の人たちはそういう考えをしていないらしく、何か志のようなものを持っているようだ。世界をよくしたいとか、誰かの役に立ちたいとか。それがどういう感情なのかはまだわからない。

面接でも「在職期間が短いのはともかく、うちで働きたいんだという熱意が見えてこない」という理由でたくさん断られた。それはそうだ。持っていないものは表現もできない。知りたいことや見たいものにはお金が必要で、その手段として、今までの経験からできそうなことを探して、できそうなことを使えそうな会社を選んでいるのだし。熱意ってなんだろう。

なんか、追い込まれたら熱意というものも出てきそうな気がするし、今のままだと単純に面接に通る気がしないのもあるので、4月中は多分何もしないと思う。最近本を読むのも遅くなって面倒だなと思っていたので、時間を取れるなら多少手間も減るだろう。

なんか疲れてきたのでこのへんで。

最近はご飯を食べるのも面倒で、ものによっては食べ終わるころには疲れてるので食事のお誘いには答えられるかは微妙です。でもまぁ少し休めば回復するとは思うので気が向いたら誘ってくれたらできるだけ答えます。

*1:もちろん譲れない一線も自分のなかではきちんと存在してるが、普通に生きる分には触れる線ではないので表には出てこない。