無駄かもしれない足掻き

github : https://github.com/zer0-u

転職を検討することにした

転職するわけではない。
ただ、検討するくらいはしておかないと、このまま今のところにいても何にもならない気がする。

何を検討するかというと
・どんな仕事をしていきたいか
・どういう生活を送りたいか
の2点に分かれる。そこから短期〜長期的視点に広げていって、最終的に自分のスキルと折り合いがつくところに落ち着くんだろうと思っている。

今のところでいいじゃないかと思わなくもないんだけど、なんというか、多分↓の引用の部分が本当に該当する。

問題をエンジニアリングで解決するのがエンジニアの仕事です。

「夜中まで/土日も仕事すればなんとかなる」
というのは馬鹿です。
そうならないようにエンジニアリングで解決するのです。
例えばテストでしょう。テストを書いていることによって新しい機能が増えた時にも他の機能に影響が無いことをいちいち自分の手で全部確認しなくても済みます。

根性で解決してしまうと次も根性で解決してしまうでしょう。
もうそれはエンジニアリングではなく、頑張っている馬鹿でしかありません。
問題を解決できなくなってしまってはエンジニアリングに価値がなくなってしまいます。

http://yoshiori.hatenablog.com/entry/20120217/1329491437

端的にいうと、今の職場は、たしかに有能な人たちがたくさんいて、おもしろい仕事があって、待遇もそれなりによくて、と悪いところがないようにも思えるけれど、誰もが「根性で解決すること」に価値を置きすぎている、そういうところだ。
確かにどうしようもないときは根性で解決するほかないことはわかっているんだけど、それを何度も繰り返す必要はどこにもない。それがわかっていないというか、むしろ「根性至上主義」というか、そんな感じが根底にある、ような気がした。
まぁまだ1年も働いていないからそうなっているだけなのかもしれない。だから今すぐどうこうしようとはあまり思っていない。

ただ、遅くとも3年目を迎える時点でいかようにでも動けるようにはしておきたい。
そのためには、今から何をすべきか考えていなければだめだ。そのくらいの見通しが立てられる程度の考えはある。


今まで好奇心駆動人生を送ってきたせいで、今のところ強みらしい強みが特にない。
だから、何か1つでもいいから、「これだけは」と言えるものがほしい。
それが何になるかはまだわからないけれど、何かは見つけたい。



…それで見つかったら苦労しねぇよぉ!というのが現状なんだけどね。
今はインフラの勉強をしているから、とりあえず続けてみる、予定。