読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄かもしれない足掻き

github : https://github.com/zer0-u

条件文の書き方

とても解読に時間がかかった条件文がある。 若干ぼかして書くと、下のようなものが紛れ込んでいた

if(!((条件A || 条件B || 条件C)&&( 条件D || 条件E)){
// do something
}

実際はこの条件AからEがもっと複雑に書かれているのでもうちょっと長い。 括弧が多いうえに最終的に条件が否定されている(!がある)ので非常に読みづらかった。 この部分を直そうと思ったのだが、どう頑張っても1つにまとめるには同じくらいの複雑度になってしまうため、条件文の中身は同じだが条件が違うものを2つ用意することで決着づけた

if(条件F){
// do something
}
if(条件G){
// do something
}

これが一部にはあんまり評判がよくないらしく、do somethingの部分を1か所にしろと言われた。 ただ自分としては多少冗長になろうとも条件が見やすい方がいいと思っているのでこの部分を変えるつもりはない。

どっちが主流なんだろうと思った週末でした。