無駄かもしれない足掻き

github : https://github.com/zer0-u

ライセンスについて学んでみた

はじめに

どうも。

最近Githubで1日1commitを目指しているぜろゆです。
そろそろ1か月連続になりそうです。

現在はいずれAndroidアプリにしたいなーと思いつつも
テストファーストで開発するってのがやってみたいので
まずはJavaコードのみ、というものを作ってます。

zer0-u/Tottoki · GitHub

ところで、Githubリポジトリを作るときにいつも迷うのが「ライセンス」です。 gitignoreは言語選んでおけば問題ないですが、ライセンスって何選べばいいんだろうと わりと思ってます。 ので、調べた内容をまとめておこうと思いますよ。

Choosing an OSS license doesn’t need to be scary - ChooseALicense.com ↑これとか見て調べました。

ライセンスを設定しなかった場合

リポジトリ作成時に選ぶことはできますが、別に何も設定しないこともできるようです。 そういうときは、デフォルトの著作権法(この場合は日本のもの?)に従います。 引用するときはちゃんと出典を書いて、という感じです。 とはいえ、Githubなどのサービスにコードを置いているので、そこの規約に従って 閲覧とforkは許可している体裁になります。

ライセンスを設定している場合

結構いろいろ選べるので使いそうなやつだけ。

MIT License

  • 著作権は保持される(ぜろゆが作ったものだよ!表示はできる)
  • 作った人・著作権を持っている人(この場合はどっちもぜろゆ)は作ったものに義務や責任を負わない
    (XXできるようにしてー、とかそういうのは気が向いたら答えるよ!てことかな)
  • 他の人が自由に変更・再配布できる
  • jQueryとかRailsがこのライセンスらしい

Apache License

  • MIT Licenseと似ている
  • 加えて、特許権の表示が保持される
    特許はよくわからないのでまた今度ですね。
  • 他の人がこれを利用して作ったものに対して、同じApache Licenseをつけることは必須ではない もっと厳しいものになっているかもしれないってことですね。
  • どこかを修正した場合は、どこを修正したかを書いておかなければならない
  • 名前の通りApacheと、あとSVNがこのライセンス

まとめ

調べてみたんだけど、そもそも著作権に明るくないと何を言っているのかさっぱりですね。
人の書いたコードを利用するのももちろんだけど、自分の書いたコードもちゃんと管理できるようになりたいです。

以上!