読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄かもしれない足掻き

github : https://github.com/zer0-u

しょぼちむさんは本当にアイドルなのか投票によって確かめてみる

どうも、ぜろゆです。
この記事は しょぼちむアドベントカレンダー の14日目です。

前 : Kotlinアイドルのあるべき姿(ヤンクさん)

次 : あちょすさん

        • -

前日のエントリの末尾にてこんなことが書いてありました。

私はKotlinプログラムと共に生きている。私の人生はKotlinプログラムそのものだ。そう私こそがKotlinアイドルなのだと、今ならば強く、はっきりと言えるのだ。

(・Д・)…はて。
ぜろゆの知るちむさんはKotlinを書いたことがないみたいだし、財布は忘れるみたいだし、ネカマ疑惑もあるし、

……

…なんか、疑わしくないですか?
しょぼちむさんって、本当にアイドルなんですか?

アイドルと対の概念っぽい巨悪だから嫉妬してるわけではないですよ、ええ。

ということで、ちむさんは本当にアイドルなのか確かめてみようと思います。

さて、どうやって確かめるか?
証明…なんかあちこちからこわい足音がしそうなのでやめておきます。
巨悪も不要な戦いは避けるのです。

ああ、そういえば今日は国政選挙ですね。ちゃんと投票しにいかないと…。


……ん?


選挙…アイドル…?


(・Д・)これだ

アイドルといえば総選挙。民意を反映させた結果ならきっと誰もが納得できるはず。

ということで、ちむさんはアイドルなのかどうか投票によって確かめようと思います。

コード : https://github.com/zer0-u/SyobochimAdventCalendar

技術的な記事書くの初めてでコードの貼り方がわからない…

簡単に言うと

  • 1000円で1回投票できる(アイドル総選挙なので当然ですね)
  • 1回あたりの得票数はランダム
  • 総票数に応じてアイドル度が変わる(境界値は某アイドル総選挙の結果を参考にしています)

という仕組みです。


というか、わからないことの方が多いですね

今回初めて触ったもの

こんなんですがJava書いてKotlinに書き換えてなんかエラー起きてIntelliJ IDEAの力を借りて直して…を繰り返したらなんか動くようなものができてました。

たろーさんありがとうございます。
あと誰かGitHubの使い方教えてください。

結論
Kotlinは行末にセミコロンつけても許してくれる寛大な言語
ちむさんがアイドルかどうかはどれだけ金をかけられるかにかかっている

以上!ちょっとGitHubの使い方勉強してきます!