読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄かもしれない足掻き

github : https://github.com/zer0-u

「本当のこと」

あんまり政治的な話題はしたくないんだけど、多分ずっと覚えてなくちゃならないと思ったから備忘録的に書いておく。

今日、参院選があった。もちろん投票してきたし、その前にすごくよく考えて行った。

んで、その中に「本当のことを言って何か不都合でも?」といった感じの候補者がいた。まだ若くて、政治経験がなくて、タレントから政界に進出したような人だ。なんだか危なげな組織にバックアップされてるだとか、発言が過激だとか、ルールを作る場にルールを無視して入ろうとしているだとか、そういうあまり「よい」とは思えない話が多い人だ。
「彼」は、上に挙げたようなスローガンでいろんな話をした。それが「本当」だったかどうかってのはまぁ置いておこう。それは、科学が判断することで、私がここで言いたいことじゃない。

私は、政治家に「本当のことを暴露する」役割を求めていない。だから「彼」には投票しない。ただ、それだけ

確かに、政府の偉い人が嘘をつくのはよくないと思う。隠し事もあんまりしてほしくない。それが後になって私の生活にめっちゃ大きな影響を与えるかもしれないからだ。それは困る。不満もあるけどまぁほどほどの生活をぶち壊されてはたまらない。

だけど、政治家には「暴露する」役割を期待していない。

なんでかというと、暴露で止まってしまうとただの「言ったもん勝ち」というか、「ただ言いたいこと言ってドヤ顔したいだけのとんでもない人」みたいな印象になってしまう。

ここからは私の妄想だけど、政府の偉い人だって多分嘘はつきたくないし、隠し事だってしたくないと思う。嘘つきたいって思ってる人がいたとしたらそれはそれで嫌だなーとは思うけど、そういう人はきちんと選挙で落とさなければならない。なのになぜ嘘や隠し事が生まれてしまうんだろうって考える事はないのだろうか。
利権だとか権益だとか、難しいことはわからない。正直、私の政治に関する知識は高校の政経レベルだし、それこそ「メロスには政治がわからぬ」と同じだ。でも、それだけじゃないと思う。

なぜ、嘘や隠し事が生まれてしまうのか、それが知りたい。

そして、それらの原因を食い止め、なるべく多くの情報がオープンになるような法律ができればいいな、と思う。

政治家ができる最大のことって、法律を作ることだと思ってる。だから、その力を最大限使って、「本当のこと」を暴露しなくても当たり前のように知れるような環境を作ってほしいと思う。

「彼」には、正直言って「暴露」の先が見えなかった。
ただ暴き立てるだけなら、それこそジャーナリズムとかそのへんの話で、政治家の立場に置いておくのはなんか違うと思ったのだ。

「彼」の話が本当かどうかは置いといても、それだけは気になった。

選挙で政治家を選ぶということ、政治家が何をすべき人なのか、もう一度考えてみてもいいんじゃないかと思う。

難しい話したんだけど、まだレポート終わってないんだよね。
やばいね。
じゃあね。