読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄かもしれない足掻き

github : https://github.com/zer0-u

放置してた

自己分析は諦めた。
11月はRubyとかJavaの勉強してた。なかなかに難しい

で、昨日からいよいよ12月=就活解禁な訳ですが。
今日はMaker Fair Tokyoに行くついでに合同説明会に行ってきた。
死ぬかと思った。

「私服で合同説明会に行ってきた話」

そもそもMFTに行くつもり満々で、説明会なんぞ滅べばいいと思っていた。そしたら母親が「行かなくていいのか」と1時間に1回訊いてくるので彼女を安心させるためだけに行ってきた。ちょうど会場が乗り換えで外に出ているところだったからまぁよしとする。
ということでガチ私服(黒ジーンズに茶ショートブーツ、紺のコート、緑のマフラ)で、会場ではほんとに浮きまくっていた。説明している人もスーツ(かそれに準ずる格好)だし、多分1%くらいしかいなかったと思う。でも一応「服装自由」だったから違反しているわけではない。そこは大丈夫。
そもそもなんで行きたくなかったかというと、人ゴミは嫌いだし、みんながみんな「もーすげー意識高いです!ばんばん内定狙います!」か「なんか12月だし行っとかないとまずい…?」のどっちかに分類される様がキモチワルイからだ。前にどこかで書いたかもしれないけど、耳が少し遠いのでざわざわしているところで人の話を聞くのが苦手というのもある。

昼すぎまでMFTでいろんなモノを触って体験してきたから、その落差がすごく厭だった。そっちの人は「こんなもの作ったほら見ろ楽しいだろ」みたいな感じで、なんというかまぁ簡単に言えばとても楽しそうだった。来ている人も「これはおもしろい」「謎のギジュツ」みたいな感じで楽しんでいる雰囲気だった。ファミコンシンセがほしかった…。
うってかわって合説はひとことで言うなら「どんより」だった。みんな黒いスーツだし、元気がないわけではないんだけど、なんか焦っているというか、ごまかしているというか、とにかく「楽しそう」ではないのだ。まぁ、就活楽しいとかあんまり思わないよな。
基本的に自由に動きたいし、楽しい事してお金もらいたい。厭なことなんでできたらそんなに経験しないままでいたい。そこまでの道もラクしたい。
そう思う事ってそんなにひどいことなのかなー、なんてことを考えた。

まぁ、そうなんだろうね。
でも「俺が苦労しているんだからお前も苦労しろ」って言説だけは滅べばいいと思う笑 苦労しないよーに技術発展させてるんでしょう。

てか、そんなこと言っていないで課題やらなきゃ。