読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄かもしれない足掻き

github : https://github.com/zer0-u

ギブアンドテイクな感じ

10月ですね。暑くなったり寒くなったりと服装が定まらないです。早く衣替えしたい。

バイトをやむを得ず1日休んでしまうことがあった。通常ならだれか代わりを見つけなくてはならないんだが、どう探しても見つからなかったので正直に前日に電話かけて謝って休んだ。で、その次の日(本来の出勤日)に電話がかかってきて、翌日と翌々日の予定を聞かれた。そもそも都内にいなかったし戻る目処が微妙に立っていなかったのでその旨を伝えたら別になんていうことなかったけれど、その後職場までシフトを出しに来たら「ギブアンドテイクでしょう」と怒られた。なんでも、1日休んだならその分どこかで埋め合わせ?みたいな感じだったらしい。人が足りていないようだ。
で、今日がその「埋め合わせ」だったわけだ。

なんというか、ギブアンドテイク…ふーんみたいな。結局出勤してもそこまでがりがり働くわけではなく…。なんだったんだろう。

確かに、私はこれまで職場からぶんどれるだけふんだくって生きているようなもんだった。でも、それは私が「労働時間」と引き換えにしているもので、正当にふんだくれるものである。だから別に取引成立しているんじゃないのって感じである。

まぁ、言われていることは分からなくはない。
けど、それに応じるかどうかは「それによって得られるだろう利益」が「支払うべき対価」と釣り合うと判断した時だけだ。

なんか何を言いたいのかわからなくなってきた。
そもそも、これ以外にもありとあらゆることを考えていたはずなのに、なぜかいざこうして文章を書く段になるとすぽーんと飛んで行ってしまう。不思議だ。

そういえば最近は森博嗣を少しお休みして、数学ガールを読みなおしている。人気図書なので借りるのが大変だ。
ノートに数式を写しながらなのでいつも通りすらすらとは読めないが、いつ読んでも面白い。これは買い揃えたいところ。

そんなかんじ。