読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄かもしれない足掻き

github : https://github.com/zer0-u

人生はハードモード

このあいだは途中で飽きたらしい。
まだ考えてはいるんだがどうにも文字にまで起こせるレベルではないのでいったん保留して、違うことをぽつぽつと書いてみる。

お金を使う時に考えること

私は浪費癖がある方で、あまり深く考えずにいろいろなものにお金を使ってしまう。それなりに稼ぎはある方だが気がついたら普通貯金が底をついているなんてこともよくある。財布に入っているとその分だけ使いたくなるらしく、よほどの事情がない限り財布の中は多くて5000円程度にとどめている。
しかし何を買っているのか自分でも上手く把握できていない。実体のある通貨でこれなのだからSuicaだのPASMOだのにチャージしていては余計に使ってしまうことは明白なのでいまだに定期圏外は切符を買っているからそれかもしれないし、漫画をひょいっと買ってしまうことも多々あるのでそれかもしれない。しかし月末にざっと収支計算してもそれだけではない感じがしてならない。恐らく、食べ物飲み物の類で一番お金を使っている。つまりエンゲル係数が高い。最近は1リットル100円のお茶などを活用しているが、燃費の悪いこの体が原因の大半を占めているだろう。最近体重が安定していたから気を緩めていたが、確かに重さは変わっていなくても落ちてはならない肉が落ちて落ちてほしい肉は増えている気がする。結論から言うと痩せろということだ。
まぁそんな感じで特に意識することなくお金を使えたのは、前述の通りそれなりの収入があったからだ。時給にして1100円、塾講とかそういった業界ではないので時間外労働なし(分単位で時給がつく)、交通費上限300円支給、加えて時間的余裕がある(週3通学)のでまぁ知り合いの中でも収入はある方だ。しかしそれが仇となって、今年は扶養控除が危ない。現在もペースを抑えているため暇な時間が増えた。だからこうして文章を書いていたりもするのだが。
ということでこれから冬にかけて収入が激減する。一方支出はと言えば、来月12日に東京事変のDVDを引き取る・冬からの就活にかかる交通費他は特に大きな予定がない。細かくお金を使ってしまうので油断はできないが、まぁ気をつけていればどうにかなりそうな気もしなくはない。
気をつけていて損は無いので、最近は時給換算で「どのくらい働けば買えるものなのか」と考えるようにしている。1時間で1100円、大体文庫が2冊買えるかどうか、まんが1冊と薄めの文庫1冊ってところだろうか。そこそこハードな仕事に就いているのでそれに釣りあうかどうかはわりかしわかりやすい判断基準だ。その労働と釣りあうなら買うし、釣りあわないなら買わない。脊髄反射なみの思考回路しか持ちえない(退化したとも言う)私にはちょうどいい。

人生はイージーモードなんかじゃない

そう考えると、案外いろんなものの物価が高く感じてくる。目下手近なところで言うとPSPがほしいのだが大体15000円だとして15000/1100=約14時間。1回のシフトが大体6時間だとすると2日間強働かないと手に入らない。もちろんソフトがなければなんにもできないのでそれにさらに5000円くらいはするのではないだろうか。そう考えると、週4日働いてお釣りが来る程度だ。さらに大きなもので言えばこれでもDTPデザイナの端くれなので新しいaiだったりinddがほしい。CS6はアプデ版でいいから大体7万?となるともう月給に等しくなってくる。高い。
いろいろ計算してみて感じるのだが、こうまでして必死にならなければ買えないものなのだろうか。デフレとかよくわからないけれど、こんなに必死になる必要ってあるのかな、と最近よく賢者モードになる。仕事にしたって、テレビ電話とかSkypeとか、便利なものはたくさん開発されているのにいまだに満員電車(この世で最も憎い物のひとつ)はなくならないし、サビ残はなくならない。人間は働かなくていいように便利なものを作ったはずなのに、それによってもっと忙しくなるのはどういうことだろう。Gmailさえあれば事足りるような仕事でどうしてわざわざ会社まで行かなくてはならないんだろう。対面コミュニケーションってそんなに大事だっけ。そうやって移動にかかるエネルギーを節約したらもっとなんかスマートになれる気がするけどそれは幻想なのかな? 汗水たらして誠意見せて頭下げないとできないことってそんなに多かったっけ。そもそも、そこまでして仕事仕事って、他にやりたいことないの? 社畜って楽しい? そこまでしないと生きていけないって、どっかおかしくない?
なーんてことをよく考えるのだ。バイトしかしたことのない大学生の戯言といえばそれまでだが、こういうことを思うようになったのは3月中旬に朝8時〜夜22時半までを8日連続で働いていた時だからあながち大外れでもないだろう。あの時は本当に頭がイカれるかと思ったし、終盤は訳もなくふさいだり暴れたりしていた。そんなに追い詰められてまで生きる意味ってないよなぁ…と悟ったのだ。賢者タイム万歳。朝早くから夜遅くまで必死こいて、そんでそれからどうすんの?って思ってしまったのです。人生って全然イージーなんかじゃない。ハードっつーかエクストリーム競技すぎるだろ。そりゃ死にたくもなるわ。エクストリームについていけないとかごく普通じゃん。なに無理して最高難度でプレイしてんの、死ぬくらいなら難易度落とせよ。
って言えればいいんだけど、どうやらそういうことを考えるのもご法度?みたいな感じがする。嫌だね。確かにいろいろ問題はあったけど生活保護とかStudygiftとか、そういう援助系が炎上する(図らずも韻を踏んだ)のってなんかおかしくない? 公務員の待遇落とすとか何考えてるの? みんなで足引っ張ってエクストリームな人生から脱落して、はいおしまい? 

やめてくれー

別にやりたいならやればいいけど、それで巻きこまれるのは勘弁願いたい。勝手に難易度あげといて、楽々クリアしそうな人の足を引っ張って、ついていけない人が出たら叩き落として、自分が脱落しそうになったら制度を作った人のせいにして、それで満足できるんかい。つまらないねぇ。設定くらい自分でさせてくれ!

とまぁ太字まで使っちゃってだらだらと書いたが、こんなことを考えてる。これと現実感が脳内ではうまいことリンクしているんだが文章には起こせないくらい幼稚なのでもう少し成長するのを待とう。
待っているといい文章ができる。今の社会は待つことを許さない、気がする。

ではでは