無駄かもしれない足掻き

github : https://github.com/zer0-u

2018/02/18 までの記録

と言いながら、今は2月15日です。16-18日までいろいろ立て込んでいて書く時間が取れなさそうなので予防策です。

本を読むときに気をつけること

普段の交友関係は年齢層で言うと下の方(一番下ではない)あたりにいます。これが、おたく友達グループだと真ん中よりちょっと上くらいになります。つまり自分より若い人との交流がある。高校生・大学生とも「推しが尊い」話をします。すごい。声優さんの追っかけって結構大変なんですね(最近得た学び)...。

それはともかく、少し前に「大人の女性になるために本を読む!」と宣言した人がいました。本を読めば大人の女性になれるかはちょっとわかりません...。でもまぁ、社会人になる前に本を読む習慣をつけておくことは無駄ではないと思っているので、いくつかおすすめ本を挙げておきました。

今回は、その時に考えたことの雑記です。

何を挙げようかな?と最近読んだものを振り返ってみると、結構バランスが悪いなと気づきました。技術書やビジネス書ばかりです...。最近は温故知新というか、知ってるはずだろう、で済ませないようにビジネス書も読むようになったので、さらにそのバランスが悪くなりました。

情報は栄養と同じように、いろいろな種類のものをバランス良く摂取したほうがよいと考えています。小説・エッセイ・古典・ビジネス書・実用書・漫画、などなど...。自分の考えを前に進めるためには、これらをバランス良く読まなければならない。しかし選ぶのにも時間がかかる...。

ここが、社会人になってから一番変わったな、と思う点です。学生の頃は、本棚の端から端まで、という雑多な読み方ができるだけの速さと時間の余裕がありました。今はどちらかと言うと書店に行きがちなので、端から端までというのは難しいです。目次にさっと目を通すのが限界ですね。

こういった選び方は、すでに知っていることを深めるのには向いているけれど、自分の裾野を広げることには向いていません。仕事に役立てるためなら深める方向の書籍を探すことが正しいです。ただ、このさきを見据えて、自分の選択肢を増やすという立場で考えると、出来る限り幅広いものに触れる必要があります。「知らないことを知らなければならない」という欲求ですね。これがまた調べづらいというか...そもそも知らないので調べ方もわからない。言葉にすれば当たり前です...w

なごやの方には「本を課す」という文化があるのが少しうらやましいです。知らないことって、自分で探し回るか、他の人に教えてもらうかしかないので...。

ひとまず、青空文庫のおすすめ50のうち読んだことがないものを拾い読みすることで、少しでもバランス良く、裾野を広げられるように頑張ろうと思います。

2018/02/11 までの記録

3連休イエーーーーーーーーー!!

今週始めたこと

おたくの友達からこのゲームを勧められたので始めました。

se-ec.co.jp

これがめちゃくちゃに面白くてですね...。探索×ノベルゲームです。ゲームバランスというか、広告を見る・課金する、といった収入源に繋がる行動にうまいこと誘導されてます。わかっていても広告見ちゃう。

たとえば、ガチャは無料で1日2回(午前と午後に1回ずつ)引けます。内容は課金アイテム(先を読むためのチケット・特典コンテンツを開放するためのコイン)がメインです。最高レアには何か特別なものがあるらしいのですが、引いたことがない(し引いた人も見たことがない)のでわかりません。これが、動画広告を見ることで1日6回(午前と午後3回ずつ)に増やせます。30秒の広告×2でガチャが2回引けるのでつい見てしまいます。

また、探索に躓いた時の答えも、動画広告を見るか、専用アイテムを購入すると確認できます。どう転んでもお金が開発元に入る...! よくできてるなぁ...と思いながら課金しました。

あと単純に面白いです。おたく仲間で大流行してます。みんな課金に躊躇いがないから進むのが早い...w

ささやかなやらかし

このゲームを始めるにあたって、「最初にこれ課金しておくといいよ!」と教えてもらったセットがあります。上で言う「探索の答えを見る時に、広告をスキップできるアイテム」などが詰まったものですね。予め価格を確認して、ぴったりになるようにgoogle play カードでチャージしておきました。

でもなぜか登録済のクレジットカードから決済されました...。

ぐぐってみると、チャージしてあるものから優先的に引き落とされるはずだ、と言うのですが、チャージ額は無傷でクレジットカードの明細が増えました。

確認ダイアログも特に支払方法を表示してなかったし、調べる限りチャージ額からだったので油断しましたね。結局追加で課金したので*1問題ないと言えばないのです...。ただ、何が起きたかもう少し検討したいですね。支払い方法の変え方がわからなかったし、今後軽率にカード払いしちゃったら困るので、一旦カード登録は解除しておきました。アナログ~。

普段はスマホアプリに課金しない人からすると、このスムーズさは便利だが怖いな、と思いました。

人を動かす

今の時代、良いものを作るだけでは広まらないという話をどこかで聞いたことがあります。情報が溢れているから、宣伝しなければいくら良いものでも知られることは難しいという理屈です。その話を聞いた時は、確かに、物が多すぎて「自分が好きになれそうなもの」すら見つけるのが難しくなりそうだな、と考えました。

でも、こうしておもしろい作品に出会うことができました。これはやはり、この作品が面白かったからこそなんだろうなぁと思います。そして、おもしろい作品に触れた人が「これ面白いから!!!!やって!!!!」と宣伝しまくったおかげでもあります。

やっぱり、面白いものを作る→見つけた人が「これ面白い!」と広める→周りが始める、というサイクルが、一番単純で一番広がりやすいのかなぁと思った経験でした。

結論

誰ソ彼ホテルはいいぞ。

始める時は「誰ソ彼ホテルスペシャルセット」から課金するといいです。

ではー!!!

*1:めちゃくちゃ面白くて続きを早く読みたかった

2018/02/04 までの記録

あっという間に2月ですね。時の流れが早すぎてついていけません。

今週やったこと

今週は買っておいた本を消化しました。そして本を買いました。そろそろ一旦蔵書を整理しないと置き場がなくなりそう...。

頭の中を「言葉」にしてうまく伝える。

頭の中を「言葉」にしてうまく伝える。

入門 考える技術・書く技術――日本人のロジカルシンキング実践法

入門 考える技術・書く技術――日本人のロジカルシンキング実践法

あと息抜きにこちら

a.amob.jp

おたく友達の推しさんが小説を書いたので読みました。上のサイトは有料会員限定だけど、先日書籍として出版されました。

www.asmart.jp

1時間かからないくらいでさらっと読めるし、章ごとの繋がりがわかったときの爽快感がいいなと思いました。

仕事を終らせる方法

仕事では新年度に向けてもちもちと教材を作っています。コースそのものの概要は弊社のHPから確認できますので、気になる方はぐぐってください。

もう大まかな骨組みはできていて、今は細かな推敲や調整を行っているところです。これを毎日繰り返していると、仕事ってどうやって終わらせるんだろう...? と気になってきます。推敲や調整って、いつまでも繰り返せるし、多分積み重ねたほうが質は上がる類の仕事です。それをどうにかして「ここまで!」って決めなければなりません。その力が自分に足りてないんだなぁと実感しています。似たような問題として、7割くらいの完成度で初稿を上げろと言われても「どのへんが7割なんだろう...?」と考え込んでしまうものがあります。自分が取り組んでいることに終着点が見つかりません。

このブログについては、適当に文章になりそうなところを抽出している感じです。終わらなくても来週またあるから別にいいか~、と気が緩んでいるところもあります。

知っている内容を読む

最近のブームは、ビジネス書や実用書と呼ばれるジャンルの本を読むことです。以前は「知っていることしか書かれていないし、読むにしても1時間保たないから、別に買わなくてもいいかな」と思っていました。その考えを見直すためにいろいろと読んでいます。実用書、数の力が働くからか、技術書より安価に入手できるのがすごいなぁと感心しました。

それはさておき。

ビジネス書に書かれている事柄は、確かにどこかで読んだようなことが多いです。ノートを書こうとか、メモを取ろうとか、本を読もうとか、ありきたりな習慣のことを何度も繰り返し述べているものがほとんどです。だから、その部分だけに注目すると、もう知っているから読む価値は低いことになります。

けれど、よく考えると、まったく同じことを書いているはずがないんじゃないかなぁ...?と気づきました。同じだったら本を出す意味がないはずです。だから、詳細にこだわって読むことにしました。意外と面白いことが書かれていたりしたので、ざっくり目を通すだけでは足りないんだな...と反省しています。

あたまがよくなりたい

なぁと思っています。頭の良さってどう測るのだろう...?(すでにあたまがわるい文章)

私は、「頭の良さ」を「1を受け取ったら10を問うことのできる知性」だと考えています。今は10を受け取って1問えたらいい方なので全然追いつけていません。時間をかけてたくさんの本を読むなり試行錯誤を繰り返すなりしてきたけれど、このスタイルを切り替えたほうがいいような気がしてきました。脇道に逸れることも受け入れてふらふらするモードと、集中していろいろな情報を噛み砕いていくモードが必要です。来週は恐らくそのあたりを深めていくはずです。

ではー!!

2018/01/28 までの記録

ブログの時間です!

今日はファイナンシャル・プランニング3級の試験日でした。日曜なのに早起きした...。受検宣言したのが10月14日なので3ヶ月半ほど取り組んでたことになります。今日はその振り返りを中心に、新しいことを学んでみて考えたことを書いていきます。

学ぶとは?

一口に「学ぶ」といっても、学び方にはいくつか種類があるように思います。

  1. 単語などの知識を覚える
  2. 知識の使いどころを習得する

FP試験にむけての対策は1が中心でした。所得と収入の違いとか、建ぺい率の求め方とか、とにかくひたすら単語と意味と公式を頭に詰め込みました。こういう試験って、正直覚えゲーなので若干退屈でしたね。問題数もさほど多くないし...。で、確か先週「これどういう役に立つんだろう...?」みたいな話を書きました。

「観察の練習」から

勉強の合間にこの本を読みました。

観察の練習

観察の練習

この本は、最初に写真があり、その次にその写真から読み取ったこと・気づいたことについての文章が書いてあります。読んだときに、これが「学ぶ」ということの一面を示しているんじゃないかな...?と感じました。

この本にある写真は、練習用に切り取られた題材です。観察結果に正解はありませんが、筆者による考察があり、ある程度の指標が示されています。この本のスタイルが、学びの種類その1「知識を覚える」に通じるところがあるように思います。

学ぼうとしている領域がなんであれ、最初のうちは「どこから手を付けたらいいかわからない」状態です。つるつるした壁を登ろうとしていて、まずどこに手をかけたらいいかわからない感じです。そこから、最初の一歩を踏み出すために「ここに手をかけるところがあるよ」と示され、手のかけ方を学ぶことが、「知識を覚える」ことと同じではないでしょうか。どこをどう探せばいいかはわからないけれど、「ここだよ」と教えてもらえれば、そこから登ることができる。それが「知識を覚える」ことだと感じました。

この例で言うと、学びの種類その2「知識の使いどころを習得する」は、自分で「どこに目をつけるかを見つけられる」状態です。観察の練習で言うなら、自分で題材用の写真が撮ってこられるところであり、壁登りなら、このへんから手をかければ登れそうだな、と目処を立てるところです。実際試してみたらうまくいかないこともあるかもしれないけれど、自分できっかけを作り出せるということが重要です。

学びのサイクル

この2つのどちらが欠けても「学び」はうまく進みません。自分で目処を立てるためには、そもそも「何を探しているか」がぼんやりとでもいいので思い浮かべられる必要があります。逆に、いつまでもきっかけを示してもらうばかりでは進むことができません。「単純に知識を記憶する作業」はコンピュータによって代替されるだろう、なんてことを考えていましたが、学ぶという観点で考えるとまだまだ必要な作業です。ただし詳細な数値はコンピュータに記憶させるに限ります*1。「自分が進むべき道筋を考える」という観点で、何を覚えるべきかを選ぶべきだなと気づきました。この観点から、今の業務で取り組んでいる作業を考えると、まだまだ改善の余地がありそうな気がしてきました...w 締切との兼ね合いで出来る限り反映させていきたいです。

ではー!!

*1:そう考えると今回覚えたことの7割くらいは切り捨ててよいことになるので、ちょっと複雑です

2018/01/21までの記録

週1ブログの時間ですよ!

PDCAについて

以前から、全体像を見極めたり、目標や計画を立てたりといったことが苦手だ。だから、毎日どのくらい頑張ればいいかが非常にわかりづらい。PDCAを回そうにも、Pのもととなる目標がないから、どのくらい進んでいるのかが見えてこない。場当たり的に「なんとなくKotlinとかできたらいいな~」て感じで目標を立ててみたりするけれど、必然性がないからどうやって到達するかが出てこない...。具体的にならないというか、なんというか。

そんなだから、こうしてブログを書くことで何かが成長するかと言われると、そうでもない気がするので少し不安に思っている。何も進んでない疑惑が強くて、進んだとしても堂々巡りなだけなんじゃないかと考えてしまう。どこを目指しているのかがわからないから、目的に近づいているかで成長を測れない...。

ということで、土曜日に丸善をぐるっと一周してきた。あのくらい大きな本屋なら何かヒントが見つかりそうだなぁと思ったので。で、やっぱり、みんななんとなく「こうなりたい」という像は持ってるようだなぁという結論に達した。で、その像に向かってどう進んでいくかを具体化する手段を学ぶ手段はそれなりに揃っている。私の「こうなりたい」像は「生涯学び続けること」だから、もう実現しているといえば実現してしまっている。書店なり図書館なりがあればそこから何かしらは学べるわけだし...なんか違うのかな? もうちょっと、こう、具体的にこうなりたいっていう考えがあるものなんだろうか?

目標がないと何が困るかと言うと、日々の行動に根拠がもたせられない。だから、目標を立てるか、それ以外に日々の行動に根拠を持たせられる手段を講じたほうがいいように思う。なにかいいヒントないかな~~~~~(他人任せ)

ひとまず、28日に迫ったFPの勉強をしつつ、買ってきた本を読むことにする。

観察の練習

観察の練習

入門 考える技術・書く技術――日本人のロジカルシンキング実践法

入門 考える技術・書く技術――日本人のロジカルシンキング実践法

頭の中を「言葉」にしてうまく伝える。

頭の中を「言葉」にしてうまく伝える。